タクシー初乗りが410円は誰のため?

【東京都のタクシー初乗り料金が730円から410円に大幅引き下げ】

2017年1月30日、東京都(23区、武蔵野市、三鷹市)のタクシー初乗り料金が、それまでの730円から410円へ引き下げられました。

初乗り料金で320円の引き下げは、一見するとかなり思い切った価格見直しです。

この初乗り料金の改定により、いわゆる“ちょい乗り”需要の掘り下げが期待されているようです。

 

【実は昨年4月に申請済み、長距離乗車は実質的な値上げに】

ただ、今回の初乗り料金引き下げは、昨年(2016年)4月に東京の事業者が関東運輸局に運賃改定を申請しています。

その後、国土交通省が実証実験を新橋・浅草・新宿などのエリアで実施し審議を進めた結果、12月20日に引き下げが承認されていました。

したがって、唐突に始まったわけではありません。

しかし、実際にはこうした経緯を知らない人が多数だったと見られるため、相応のサプライズだったのではないでしょうか。

その後の報道で知られている通り、今回の運賃改定では、1)乗車距離2km~6.5kmまでは値下げ、もしくは若干の値上げ、2)6.5km超の長距離乗車は平均で約+5%程度の値上げ、となっているようです。

つまり、長距離乗車を多用する人にとっては、全くありがたくないということになります。

 

【2kmピッタリの乗車距離なら、従来と変わらず730円】

“ちょい乗り”需要の掘り起こしが大きな狙いだったことも事実と考えられます。

従来の初乗り料金730円の初乗り距離はちょうど2kmでした。

新たな初乗り料金410円は同1,052mまでです。

それ以降は、加算距離237mごとに加算運賃80円となっています。

そうです、1,052m+(237m×4)=2km、つまり、410円+(80円×4)=730円となり、乗車距離が2kmピッタリの運賃は従来と変わりません。

しかし、従来は1km乗っても、1.5km乗っても730円かかった料金が大幅に下がります。

こうした“ちょい乗り”需要は、高齢者、幼児を抱えた母親、そして、身体障がい者の方々にとっては、1km前後の距離でも大変な苦労があるはずです。

 

今回の初乗り料金引き下げが、こうした方々に少しでも有益となることを期待します。

今月末には、この新しい運賃体系を実施してから1か月になり、様々なデータが公表されると見られます。

わずか1か月で評価するのは時期尚早かもしれませんが、その結果に注目したいと思います。