佐渡汽船新潟港-新潟空港【直通ジャンボタクシー】

佐渡市などは7月から来年3月末まで、社会実験で新潟空港と新潟港佐渡汽船ターミナルを直通のジャンボタクシーで結ぶ「ミニライナー(直行便)」を運行します。
一般タクシーより割安となり、空港を利用する市民の利便性を高めるとともにインバウンド(訪日観光客)の増加にもつなげたい考えです。

実験の期間中、航空機と佐渡汽船のダイヤに合わせ、毎日4往復8便を運行します。
運賃は600円(小学生300円、未就学児は無料)。
市によると現在、個人客が空港とターミナルの間をタクシーに乗ると2800円ほどの運賃がかかるといいます。

定員は9人ですが、一般のタクシーも直行便として運行させることで最大15人程度まで利用できます。

空港とターミナルにあるミニライナー乗り場で乗車でき、予約も可能。
所要時間は約25分で、途中下車はできません。

事業費は約700万円。
市は「社会実験の結果、利用客が多ければ民間事業者による自主営業に移行する可能性もある」としています。

予約はジャンボタクシーを運行するさくら交通、025(274)3232。