【タクシー送迎で第一交通と連携】 九州電力が子育て支援サービス

 九州電力は19日、子育て世代を対象とした支援サービス「子育てサポート」を

8月1日に始めると発表しました。

 

妊娠期から12歳までの子育て期間中に生じる知育や食育などのニーズに対応し、

九州に50カ所ある営業所を中心に実施するそうです。

 

 子供の工作教室などの「知育」や、離乳食などの「食育」、出産準備などの「心とからだ」、

最新家電の体験など「くらし」、電気に関する「安全・安心」の5分野でサービスを用意しました。

 

また、第一交通産業と提携し子育てに役立つタクシーサービスも実施するそうです

 

 第一交通との連携では「子育てサポートタクシー」として、

陣痛時などに病院まで送迎するものと、保育園や塾などへ送迎するものを用意しました。

 

今回は九州電力とタクシー会社との提携でしたが、今後も様々な企業とタクシー会社が提携し、

様々なサービスが利用出来るようになるといいですね。