国交省、「タクシーの定期券」を19年度以降に導入

 国土交通省は8月30日、タクシーに定期運賃制度を導入する方針を固めたことを明らかにしました。

 

 鉄道の定期券に似た仕組みで、特定の地域、期間、時間帯にタクシーを利用する場合は、

定額で何度でも乗車可能となるそうで、

近年、利用者数の落ち込みが続くタクシー業界を支援する狙いだそうです。

 

 また、免許を返納した高齢者、ビジネスパーソン、子供の送り迎えをする親などの利用も見込んでいます。

 

 今後、国会などで予算の審議を進め、早ければ2018年度に実証実験を実施、

19年度にも実用化する予定といわれています。

 

 

 国交省は8月上旬から、配車アプリを活用して、

タクシーに乗車する前に運賃を確定するサービスの実証実験を行うなど、

タクシー業界を支援する取り組みに注力しているそうです。