【東京モーターショー】2020年の東京を先取りする次世代タクシー体験

10月25日〜11月5日まで開催中の東京モーターショー(開催:東京ビッグサイト)のトヨタ自動車のブースで、AI(人工知能)などを使った華々しいコンセプトカーが並ぶ中、メディアからは、近い将来に東京の街を走るタクシーとバスにも注目が集まりました。
おもてなしの心を結集したという「JPN TAXI」(ジャパンタクシー)と、「日本初」の4種の技術を盛り込んだ燃料電池バスのコンセプトモデル「SORA」です。

トヨタが22年ぶりに発表した新型のタクシーの実力は車内外に細かい配慮が散りばめられています。

室内高1.37メートルと天井が高いおかげで、まずは、あまり屈まずに車内に入れます。
取材用にリュックやカメラを持ち歩き荷物が多いので、通常のタクシーは屈むと思うだけで、億劫になりますよね。
室内空間はミニバンほどではないにせよ、セダンとは全く違った開放感があり、かつ、足元のセンタートンネルと呼ばれる凸凹もないので、運転席の背後の席への移動も苦になりません。

「次世代タクシー」と聞くと、画期的な技術を期待してしまうが、細かすぎるな、と感心するほど、タクシーの「あるある」の苦労に対する配慮がなされています。

≪22年ぶりに発表した新型タクシー「JPN TAXI」。大きな窓から外の景色が眺められる。≫

≪おもてなしの心を象徴する幅広く、高さのあるドア。屈まずに乗り降りができ、荷物が多くても便利。ドアの幅は72cm、高さ130cm。乗り込み口の高さは32cmで通常よりも5cm低い。≫

≪シートベルトの差し込み口は、LEDライトで光るようになっている。シートは乗客が操作できるヒーター機能付き。もてなしのポイントはかなり細かい。≫

≪車椅子にも対応している。ややスロープが長い印象で路肩の幅が必要になりそう。≫

ジャパンタクシーは10月23日から発売を始めました。
価格は約320〜350万円。
月間の販売目標台数は1000台。
東京五輪のころには、新型のタクシーとバスが首都圏の街を埋め尽くしているのかもしれません。