【AIでタクシー配車】 待ち時間短縮、売り上げ増目指す

トヨタ自動車は9日、人工知能(AI)を使ったタクシーの配車システムを東京都内で試験導入したと発表しました。

 

需要を予測し、タクシー会社の利益向上や利用客の待ち時間短縮につなげていき、

今後、全国の大都市圏への導入をめざしているそうです。

 

 開発したのはKDDI、アクセンチュア、タクシー大手の日本交通系のジャパンタクシーを加えた4社です。

 

タクシーの運行実績や、KDDIの携帯電話利用者の位置情報などを元に、

500メートル四方のタクシー需要を30分単位で予測するそうです。

 

2月から、日本交通の東京都内を走る数台に導入したところ、売り上げが前月比で2割増えたといわれています。

 

 トヨタも出資するジャパンタクシーは、

スマートフォンアプリでタクシーを呼んでもらうサービスを国内約750のタクシー会社の計6万台近くに提供しており、

これが配車サービスの普及の基盤となりそうです。