お役立ち情報


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/eyematching/estme.org/public_html/cms/wp-includes/media.php on line 1204

タクシー会社の勤務シフト

タクシードライバーっていつ働いているか知っていますか?

タクシーは24時間動いているけれど、ドライバーのシフトってどうなってるんでしょう?

 

タクシー会社にもよりますが、主な勤務形態は3種類あります。

①隔日勤務 ②昼日勤、夜勤 ③アルバイト勤務

 

【①隔日勤務】タクシードライバーに1番多いシフト!

1か月のサイクルを1日出勤→翌日明け番で休み→1日出勤、という形でシフトを作ります。多いパターンは朝8時~翌日深夜2時の出勤です。希望する人によっては多少前後することもあり、早い人は朝6時くらいから出勤を始める方もいます。出勤時間を早めることで、朝の通勤客をより多く獲得できるチャンスを得ることができます。逆に遅く出勤する人もおり、11時から出勤する場合もあります。出勤時間は1回18時間以上と長いですが、翌日は明け番でお休みなので、午前中は睡眠をとり、午後を余暇時間に使う人は多くいらっしゃいます。月12日出勤が基本です。

【②昼日勤】

昼間だけ働く、サラリーマンのような体系です。昼日勤は朝7時~夕方16時までの勤務が一般的で、時間は前後することができます。休日は月8日で、シフトに合わせて日を調整します。隔日勤務は特殊なシフトなので、「まずは昼日勤から少しずつ仕事に慣れたい…」という方や、主婦の方が勤務されることが多いです。

【③夜日勤】

夜だけ働く体系です。夜日勤は夕方17時~深夜2時までの勤務が多く、こちらも時間は前後することができます。稼ぐことを選ぶなら夜日勤をおすすめします。夜は長距離客を捕まえる絶好のチャンス。稼ぐためには夜は外せません。お酒を飲まれた方をお乗せすることも多いので、トラブルに巻き込まれないよう対応スキルを身に着ける必要があります。

 

ドライバー本人の意思によって出勤時間を前後することはできますが、帰庫時間は決まっているので「もう少し稼ぎたい」と思っても乗車を続けることはできません。タクシーは1台を平均2.5人で使用しているので、次の人に車を渡す必要があります。また、タクシー会社は国から1回の勤務時間を厳しく管理されており、一般の会社にある「残業」はありません。逆に、決められた勤務時間をいかに効率的に使えるか、本人のスケジュール管理能力が問われます。

 

無理のない働き方を見つけて、事故がないように注意しましょう。

もう少し詳しく話が聞きたい!というときは、ぜひ専門コンサルタントにご相談ください。

(タクシードライバー専門コンサルタント:0120-971-746)