お役立ち情報

活躍する女性ドライバー

 

タクシードライバーのほとんどは男性…しかも、おじさんが多いイメージありませか?

 

確かに、タクシードライバーの全国平均年齢は58,9歳。高齢の方が活躍している業界です。

 

さらに年齢層ですと、男性は97.5% 女性は2.5%!

100人に2.5人しか女性はいないんですね。

 

年齢層としては、50歳~60歳・60歳~70歳の層が1番多く、若くなるごとに少なくなっていきます。

女性ドライバーの多い県トップ3は東京、神奈川、北海道という順になっていますが、

県全体の割合トップ3ですと、滋賀、神奈川、京都、という順になります。

神奈川は女性ドライバーの採用率が高いことが伺えますね。

 

タクシードライバーの女性って、すごくしっかりしてるんです。

お給料は歩合ですから、稼いでやるってバイタリティが強いんでしょうね。

東京には毎月手取り40万稼ぐ女性ドライバーもいるんですよ。

 

また、シングルマザーであったり、小さなお子さんがいてシフトに融通きかせたいときも、

タクシー業界は相談しやすい環境です。

 

仕事は会社に管理されるものではなく、個人の裁量に任せているところが大きいからです。

タクシーは仕事に出たら1人で完結する仕事です。

お客さんを見つけ、目的地まで送り届け、料金清算を行う。全て自分で行います。

会社はドライバーが働きやすいようにサポートすることが仕事の1つですので、どうしたらいいかを相談しやすい環境ができています。

 

また、タクシーは夜の利用客を乗せたときが心配、という方もいます。

夜は飲み帰りの利用者が多いので、たしかに不安になられる方もいらっしゃると思います。

会社側も女性ドライバーには昼日勤のみの勤務を推奨するなど、無理のない働き方を提案しています。

 

力仕事ではないので、男性にも負けない収入を得ることもできます。

気になった方は、気軽にご連絡ください!