お役立ち情報

タクシードライバーなら57歳からでも正社員としてチャレンジできます。

最近では正社員の有効求人倍率が1倍を超えたというニュースも出てきました。

 

通常の就職ですと高校や大学を卒業したばかりの若い人の求人が多く、中高年の就職は極めて不利だなと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

でも大丈夫です。

タクシードライバーの求人なら、中高年の方を中心に積極的に採用しています。

さらに未経験可が多いです。

 

ではなぜ、タクシードライバーは中高年の方を積極的に採用しているのでしょうか。

こういうところだけを見ると待遇が悪いのではないかとかんぐってしまう人もいるかもしれませんね。

安心してください。

タクシードライバーの待遇が悪いわけではありません。

タクシードライバーという職種は通常の仕事と異なるところが多いです。

そのことについて簡単に説明します。

まず中高年の中でも特に男性が好まれる理由は、落ち着きといったところです。

タクシーに乗った際にドライバーが落ち着きのない若者だとどうでしょうか?

ある程度年齢を重ね落ち着きのある方の方が乗客としては安心感がありますよね。

 

単に道を間違わないだけであれば現在はカーナビがあるので問題ありません。

ですが年配の方だと見た目にも落ち着きがあり、お客様の雰囲気で話しかけて和ませてみたりとその場にあった対応がとれるものです。

また、未経験可というと単純でそれほど危険を伴わない仕事なのではないかと思われがちです。

ドライバーは車を運転するのでそれなりに危険です。

しかし年配の方であれば未経験でもまじめに仕事に取り組んでくれるので上達ははやいです。
更に社会人としての経験があるから安心できるという期待が少なからずあります。

 

ご自分の年齢でも本当に就職できるのか心配な方、大丈夫ですよ。

2種免許を会社負担で取得できるタクシー会社もありますのでぜひお気軽にご相談ください。