【福岡でAIタクシー実験】 乗車需要を予測

NTTドコモ九州支社と西鉄グループは10日、人工知能(AI)を使い、

タクシーの乗車需要を予測する「AIタクシー」の実験運行を、

福岡市を中心とする地域で始めたそうです。

 

実用化されれば、運転手に土地勘や乗務経験が少なくても効率的に乗客を拾いやすくなり、

利用者もタクシーをつかまえやすくなるそうです。

 

 NTTドコモは既に東京と名古屋のタクシー事業者などと同様の実験を実施していますが、

九州では初めての試みだそうです。

 

 スマートフォンの位置情報で把握した人の動きに加え、

過去の乗車実績や気象情報といったデータをAIが解析し、

30分後までの乗車需要を予測します。

その情報をタクシーに設置されたタブレット端末に表示し運転手に伝える仕組みになっています。

 

 実験は10日から2月中旬まで西鉄グループのタクシー10台を使って行うそうです。