【「相乗りタクシー」なら最大4割安】最も便利な活用法とは…?

国土交通省が1月22日から3月11日まで「相乗りタクシー」の実証実験を実施しています。
これは、目的地が同じ方向の人と相乗りすることによって、割安にタクシーを利用することができるという仕組みです。

対象エリアは東京23区、武蔵野市、三鷹市。配車アプリを使い、大和自動車交通グループ(649台、iPhoneとAndroidで利用可能)と日本交通グループ(300台、iPhoneのみ利用可能)の2社が、利用ルートがマッチングした乗客同士を送り届けます。

大和自動車は30カ所の乗り場(東京駅八重洲口や神田駅南口、錦糸町駅前、池袋駅西口など)から、目的地が近い客同士を送り届ける「この指とまれ」方式。
一方、日本交通は乗り場の指定はなしで目的地が近い客同士のフリーマッチング。
いずれも、料金は事前登録したクレジットカードによる支払いとなります。

乗客のメリットは、単独で乗るよりも料金が安くなること。
大和自動車によると、錦糸町駅前から浦安駅、船橋駅、津田沼駅で1人ずつ降ろした場合、浦安駅下車では約5960円が約3690円、船橋駅下車では約8600円が約5530円、津田沼駅下車では約9970円が約6450円と、単独乗車よりも3~4割ほど安くなる(深夜料金の22時以降、高速道路料金は除く)といいます。

1時間探しても相乗り相手は見つからず

2月上旬の午後。Androidのスマートフォンを使っているA氏は、大和自動車のアプリをダウンロードしてJR錦糸町駅から新小岩駅まで(約3000円)のマッチング相手を1時間ほど探してみましたが、タクシー利用の少ない時間帯で電車も動いているため、相乗り相手は見つかりませんでした。

こうしたケースでのマッチングは難しく、ルートや時間帯を考えると「終電を逃した後」「電車よりもタクシーのほうが速くて便利」といったケースがうまくいきそうです。
そこで、四ツ目通りをまっすぐ進行する東陽町(約1450円)までにルートを変更しましたが、まだ帰宅時間前ということもあって、やはり相乗り相手は見つかりませんでした。

次に、大和自動車と日本交通のドライバーに「相乗り客を乗せたことはありますか?」と聞いてみたが、どのドライバーも「うちの会社はやっていません」と言っていました。
都内を走るタクシーは約5万台。
まだ実験期間中ということもあり、なかなかめぐり合うことができないのです。

30台目ぐらいで、ようやく「うちはやっているけど、僕はやったことない」という日本交通のドライバーに出会い、話を聞かせてもらいました。

「仲間のドライバーが通常5000円のコースで2人乗せたそうです。料金は2700円と2800円だったとか。そのため、『ドライバーにとっても最大1割増収になる』と会社が言っていました」(日本交通のドライバー)

料金が3~4割ほど安くなる相乗りは、ドライバーにとっても増収となるコース設定をしているようです。
このケースは終電がなくなった後だったそうですが、確かに終電後は「帰宅時間」よりも「低価格」が優先されそうで、告知に力を入れれば利用率も高まると思われます。

ただ、当然ながら見知らぬ客同士が同乗することになります。
車内の雰囲気はどうだったのでしょうか。

「特に会話もなく、ナビを見て淡々と運転したそうです。そのドライバーも(相乗りは)1回きりだそうで、相乗りの専用ドライバーに聞くと『あって1日1回』ということです。まだ、お客さんには知れわたっていないのでしょう。うちの方式(フリーマッチング)は乗車場所と下車場所が互いに近くなければならないので、なかなかマッチングしにくいと思います」

 

酔っぱらい、ストーカー…トラブルは大丈夫か?

場所を銀座に変えてみたところ、別のドライバーから次のような話が聞けました。

「会社の金で乗れる人はわざわざ相乗りなんかしませんから、自分の金で乗る人へのサービスですよね。目的地が羽田空港だったり、空港で飛行機が遅れてタクシーしか移動手段がなくなったりした際のニーズは増えそうですが、荷物制限もあるので(※大型荷物は事前に申請が必要で、トランクに1人1個まで)、本格運用となったらワゴンタクシーが増えると思います。少なくとも、今の条件での本格運用はないでしょう」

「タクシーをよく利用する」という客にも話を聞きました。

「終電を逃したときやタクシー待ちの列が長いときなどは使いたいです。1月の大雪やイベント後など『タクシーがつかまりにくい』というケースですね」(35歳男性)

このような声が一番多く、利用側に浸透すれば終電後などの利用率は高まると思われます。

ただ、相乗り相手への不安もあります。
たとえば、「酔っぱらいが乗ってきたら嫌だ」という意見をドライバーにぶつけると、「アプリを操作して相乗りをするベロベロの酔っぱらいは少ないと思いますが、仮に乗ってきた場合、私なら(酔客を)なだめながら進行します。『俺んとこに先に行け』なんて言われたら? 下車地の順番通りに行くしかありません」とのことでした。

「知らない男性との相乗りは怖い。ストーカーになるかもしれないし、家の前で降りないで、少し離れた場所で降りると思う」(27歳女性)といった声もありますが、そんなケースを防止するために相乗り客の性別を選ぶこともできます。

いずれにせよ、料金が安くなる手段が増えるのは乗客にとってはうれしいことです。
想定されるトラブルの防止システムを整えて告知に力を入れれば、定番ルート(“陸の孤島”から駅まで、など)を中心に、タクシーのライドシェアは次第に増えていくことでしょう。