お役立ち情報

東京全体でタクシーが多い理由

東京で、タクシーがあふれんばかりに多いのは何故でしょうか。

その理由のひとつは、まずきっかけとして、小泉政権のときの規制緩和にあります。

タクシー業界への新規参入のハードルが下がったことで、タクシー会社が更に増えてしまったことです。

 

当時は今ほど不景気とは言われていなかったので、都内のタクシーが多くてもそれなりにお客さんは拾えていました。

東京駅改札口などは旅行帰りなど長距離客がつかめる為、ぎっしり待ち受けています。
丸の内側改札口などは特に。
そちらは最近再開発された東京の玄関口でもある為、その周辺を観光をしたい人もいる為、運転手も長距離客を望んで並んで待っています。

しかしタクシーの台数はとても多いです。

 

現在は経営を維持できなくなった都内のタクシー会社の廃業や

国土交通省からタクシー台数を減らす指示がでており(減車といいます)以前よりは減ってきました。

 

それでも都内のタクシーはまだまだ多く、活気にあふれています。

求人募集をしている会社も多くなってきましたので、転職をするなら今がチャンスかもしれませんね。