お役立ち情報

タクシードライバーの仕事はキツイ?

街中を走っている車を何気なく見てみると、

大半がタクシーとトラックばかりだなぁとよく思います。

皆さんもそう感じたことはありませんか。

 

さて、皆さんは昼夜見かけるタクシーのドライバーという仕事に対してどの様なイメージを持っていますでしょうか。

四六時中走っていて、タクシードライバーの仕事はきついというイメージを持っている人もいるかもしれません。

 

実際はどうなのでしょうか。

タクシーの仕事とは

私がタクシードライバーの方に話を聞いていると、仕事がきついと感じながら働いている方は多くない印象です。

 

確かに隔日勤務であれば朝から深夜まで運転するので、体が慣れるまで大変です。

最初は道もわからないので、お客さんに尋ねながら運転することもあります。

 

夜中の酔っ払いや見た目が怖い人、
けんか腰の人など様々な人が乗ってきたりすることも。
その時にはいつもより苦労するかもしれません。

これは皆さんもイメージしていたのではないでしょうか。

 

ですが、それは他の職業でもあることではないでしょうか。

体の慣れや道などはタクシーを乗務している間に次第と慣れてきます。

しかし、いまは、カーナビという強い味方があり、
カーナビを使えば混雑情報も迂回道もすべて教えてくれます。

もし道を間違ったとしてもちゃんとナビがまた考え直して、

指示してくれるので、経験が浅いうちには安心です。

 

 

また、確かに酔っ払いの方などが乗ってくることもあります。

ですが、毎日乗ってくるわけではないので、運が悪かったな程度に気持ちをリセットできるようになります。

防犯対策が進んでいます。

また、限られた車内の中での、
トラブルにも様々な対応策がとられています。

たとえば、運転席の頭部には、透明の防犯板という板が設置されています。

それは、後ろからなにか危険が迫ったときにでも、
直接危害が加わらないように、工夫されているものです。

また、ドライブレコーダーや車載カメラも備わっています。
最近ニュースでも話題になることもあり、これがあるだけで安心できます。

昔と比べると断然、車内での安全が保障されています。

 

そして、万が一怪しい人物を乗せた場合でも、
緊急用のスイッチ一つで周りに知らせることができるのです。

 

なので、
何も心配はいりません。

『タクシードライバー』に転職を考えているけど心配な方、

実情を知りたい方、ぜひ弊社にお問い合わせください。

私たちが見てきたタクシードライバーの良い部分と悪い部分の実際のお話をさせていただき、

納得してタクシー会社に転職できるお手伝いをさせていただきます。